需要が高まる介護職で自分に”手に職”をつける!

まとめ

『 介護職に就く男性が増加中』
今現在の介護職員やヘルパーには女性が多い傾向にありますが、近頃は男性職員も増加傾向にある事を知っていましたか?その背景には、介護を必要とする方に向けた介護保険制度が社会に導入されてから、各介護度を基準に入所可能な施設が増えて定まる様になった事が挙げられます。制度が改正された事によって、介護施設を利用する方の身体状態が重いケースが多くなり、車いすでの生活を送っている、寝たきり、片麻痺(へんまひ)等の利用者が増加しました。
 その結果、男性の腕力が介護業界で求められる様になってきました。男性が介護職に就く事で、力を必要とする介護業務を今迄よりも円滑に遂行出来る様になっている様です。寝たきりの利用者に対して、体の状態を変える作業やおむつ交換等は、職員にとっては結構な力仕事になってきます。女性のみだとどうしても何人かの手助けを要するので、別にやらなくてはいけない仕事に遅れが出てしまったり、他の業務に携わる人員が一時的に減ってしまったり、大変な事もある様です。
しかし、男性職員増加によって有効的に時間・職員を活用して仕事に取り組む事が可能になった事はメリットです。また福祉系の専門学校が増加し、男性も将来の職を選択する際の職業候補に入りやすくなった様です。
 
まとめ
このように現代では、男性・女性共に福祉業界で働く人が増えています。介護職は利用者との関わりを通して大変仕事のやりがいを感じる事が出来る仕事です。是非、転職を考えている方は介護職に転職してみてはいかがですか?